前へ
次へ

これから離婚裁判をするときの内容

これから離婚裁判をするとなれば、その内容が重要になります。離婚裁判といっても、いったいどのようなことを決めるのかよくわかっていない人も多いはずです。そこで、裁判でよくある内容を見ていきましょう。裁判で良くありえる内容の一つとしては、慰謝料を支払う場面になります。慰謝料を支払う場面は、単に離婚するから慰謝料が発生するのではなく、たいていは不倫の問題が発生している場合です。不倫をした方は不倫をされた立場に対して慰謝料として300万円前後のお金を支払わなければいけません。大きなお金になるため、当事者間だけでは話し合いで決められないことから、離婚裁判に持ち込まれることが多いと考えてよいでしょう。お金を請求する立場からすれば、不倫があったことを証拠を持って証明しなければいけません。これによって、よい証拠が見つかればそのまま裁判で勝つことが可能になるでしょう。いかに証拠集めるかが、お金を手に入れるために必要なことがわかります。

Page Top