前へ
次へ

どのようにして離婚裁判の負担を減らすか

これから離婚裁判を始めようとする人は、当事者間で離婚裁判をせざるをえなかった人です。言い換えるならば、本来は二人で話し合いをすることによって解決していくのが基本ですが、当事者間の話し合いだけでも解決できないようなことがある場合には、裁判をしなければいけません。当然話し合いをする段階で弁護士を雇っても問題ありませんが、それでも解決できない場合もあります。この場合には第3者である裁判所に判断をしてもらうのが一番でしょう。これを離婚裁判といますが、この裁判がスタートした場合にはまずお互いに証拠を集めて有利になる方法を考えなければいけません。そもそも裁判をする立場としては、ある程度有力な証拠がなければしない方がよいでしょう。なぜなら、裁判を証拠によってきまってしまうからです。すでに有力な証拠が集められている場合には裁判をして有利になるため弁護士も訴訟をした方がよいと述べるでしょう。最終的に裁判が終わるのが3カ月後から4カ月後ぐらいになります。これによって、判決が出るわけです。

Page Top