前へ
次へ

離婚裁判で納得いかない場合

通常当事者で離婚をする場合には、話し合いをすることが必須になります。ですが話し合いをしてもなかなかうまくいかない場合には、弁護士を立てるなどして代理人を利用するのも一つの方法になります。しかし残念ながら、代理人を利用したとしてもなかなかうまく結論が出ない場合もあるでしょう。このような場合には、離婚裁判をすることで第3者である裁判所に結論を出してもらう仕組みになっています。離婚裁判をすることにより、最後まで判決を出し白黒はっきりさせる方法もあります。もし、判決を出した時に自分たちがわかった場合にはそれでよいですが相手方が控訴した場合には一つ目の裁判所に行きます。基本的には、家庭裁判所からスタートし、控訴をした時に地方裁判所まで行くわけです。地方裁判所がだめならば高等裁判所にいき、最後は最高裁判所まで行くことになります。ですが、最高裁判所まで行く例が少ないのはそれだけお金がかかってしまうからです。

Page Top